カーシェアリングのメリットデメリット

最近は、車についてはカーシェアリングを利用している人がすごく増えてきていますね。自家用車を持っている私にとっては、関係ないものだと思っていましたがこれからは使う事が出てくるのではないかと思っています。

妹夫婦や友人がカーシェアリングを使っていることを聞いてから中々、使い勝手が良さそうだと聞いたからです。

確かにマイカーがあれば、好きな時や急に車が必要になった時には、すぐに乗れる点がメリットでした。反面、駐車場や燃料代等の維持費がかさむ事が悩みの種でもあります。昔はレンタカーがよく引き合いに出されていました。

普段、あまり車が必要でない人にとってはレンタカーを使えばよいという考え方だったと思います。

しかし、急に必要ない時にすぐに使えないという制約もなりました。例えば、子供が深夜に高熱を出して病院に連れて行く等の時です。

そんなことを経験すると、やはり自家用車があってよかったなと思います。しかし、今はカーシェアリングというサービスが始まって、そのような悩みも解消されるのではないでしょうか。レンタカーとは異なり24時間いつでも必要な時に使えるという事は大変便利です。

しかも、使いたい時にはスマートフォンやパソコンから予約ができるというお手軽感も拍車をかけているのではないでしょうか。

レンタカーの場合だとわざわざ営業所まで行かなければならないといった条件が出てくるのでカーシェアリングの方が喜ばれると思うのです。

田舎等、地方であればマイカーは生活の足として必需品ですか、交通機関が発達している都会であればカーシェアリングがベストかもしれません。

但し、多くの人と車を共用しながら使う為、緊急の時に他の人で予約が埋まってしまっているといった状況もあるかもしれません。その点がデメリットだと思います。

とは言いながら総じてカーシェアリングの良さを自分の生活スタイルやスケジュールに合わせて使う事が一番、重要になってくると思います。

このページの先頭へ